眼鏡のお話

You-Styling、アドバイザーの小林です!

10月に何名かのお客様の診断をさせて頂きましたが、私が担当したお客様で、数名の方が
「眼鏡のアドバイスもして欲しい」
と云うご要望がございました。

パーソナルカラーだけで云えば、ブルーアーンダートーン(Bu)かイエローアンダートーン(Yu)のどちらかに分類されるため、Buならシルバーの方が、Yuなら、ゴールドの方がお似合いになります。

唯、骨格スタイル分析も考慮すると、骨格が華奢なウェーブさんに、スクエアでゴツイフレームの眼鏡は似合いませんよね?(苦笑)

Buで、ストレートなのに、イエロー系のフレームを着用すると、肌はBuなのに、眼鏡は顔の割と大きなスペースを占領するので、第一印象としては「何か変?」「バランスが悪い?」と思われがちです。

実際、診断したお客様で「実年齢よりいつも上にみられてしまう」「地味に見られてしまうので、年相応に、また少し華やかに見られたい」と云ったお悩みでした。

「眼鏡は顔の一部」

と良く云われますが、コスメ同様、やはり色や形は大きく影響すると私は思います。


私が今、愛用している眼鏡です。





どうでしょう?

お客様からは、色も形も「似合っていますね!」と良く声をかけられます(^-^)

有り難いです(^-^)

ちょい渋めの赤のフレームです。

私のベストカラーは「赤」です。

唯、Buだけではなく、赤に関してはYuの赤でもいけますので、チョイ渋めのこの赤、ダークトマトレッド(ディープオータムの赤)とブルーレッド(ウインターの赤)の中間ぐらいの色ですが、似合っていますね、と声をかけてくださる方が多いと云うのは、似合っているから声をかけてくださるんだろうなって思います。


フレームの太さ、細さ、フレームの形も勿論大切だと思います。
さらに、色は眼鏡に関してはとても重要だと思うのです。


実際、実年齢より上にいつも見られてしまう、地味に見られやすい…とおっしゃっていたお客様は、Buでしたが、かけていた眼鏡はべっ甲で、フレームもそこそこ太めで丸い形のものでした。
べっ甲の色を分析してみると、殆どが、ディープオータムのシーズンカラーで形成されています。

肌はツルッとスッキリしている綺麗な肌なのに、なんで実年齢より上に見られているのだろう…と疑問に思ったのですが、恐らく眼鏡が原因ではないか…と云う所に行き着きました。


また、服装選びにも困っていたとのこと。

ご自分のウエストサイズが良く分からない、と仰っていました。

穿くものによってウエストサイズは変わります。
ローライズなら、当然ウエストサイズより大きくなりますよね。

実際、何名か診断を行って来て思うことは、実はご自身のサイズを把握している方が少ない、と云うことです。

ウエスト位置ってどこですか?
私のウエストサイズって?
などなど…

形によってはサイズ感も変わってくると云うことを知って頂けるのが、You-Stylingのアドバイスではないかしら?

と思っています。


「買ったけど、やっぱり自分が着るとしっくり来ない」
「お店では良く見えていたのに、実際着てみたら何かが違う」

と思うことは、似合っていない「要素」があるから、そう感じるのだと思います。


そこを、紐解いて、解決できるのが、私たちYou-Stylingのアドバイザーです。


骨格スタイルにあわない服を着れば、野暮ったく見えたり、スタイルは悪くないはずなのに、貧相に見えたりもします。

それは、骨格スタイルにあっていないものを着ているからなんですよ。



少しでもご興味がある方は、是非、一度You-Stylingで診断してみてください(^-^)


ご予約ページにて、承っております。

完全予約制のため、ご都合が付かない場合もあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。


尚、誠に勝手ながら、11月23日〜27日は、繁忙週のため、You-Stylingのサロンはお休みを頂いております。
ご迷惑おかけいたしますが、ご理解いただければと思います。

よろしくお願いいたします。





個人のブログを始めました〜♪
こちらもよろしくお願いします🙏

Blogはこちら

Instagramはこちら

Twitterはこちら

カテゴリー: ブログ