苦手な素材も似合わせ®の理論が分かれば着こなせる


本日のブログ担当は、年齢不詳アドバイザー(笑)パーソナル・スタイリスト小林由香里です。




ご訪問ありがとうございます。




今回は、異色の二人(爆)で比較をしてみました!



はい!


消えそうな色が好き過ぎて消えそうに見えそうな間島アドバイザーと、小林とで比較検証です。


間島アドバイザーは、兎に角肌が色白。

私も割と白い方と良く云われますが、彼女と比べると、もう次元が違うんです(爆)


間島アドバイザーの肌は低彩度高明度すぎるため(笑)チークを入れないと、本当に具合が悪そうに感じる程。


この時の私服は、トータルコーデで無彩色だったので、マスクをしていても具合が悪そうに見えました(爆)

(マスクがグレーなのと、髪が寒色だから余計そう感じているだけで、具合が悪い訳ではありません)




同じアイテムを二人が着たらどうなるのか。


こうなります!








デザイン性のある、バンドカラーのシャツです。




私が着るとこうなります。








二人共、Sサイズを着用しています。








どちらもそこまで悪くはないですよね。


細かく検証して行きましょう。








私たちの違いはと云うと、顔タイプになります。

どちらも曲線多めですが、世代感が違います。




骨格ウェーブ軸の場合、ハリがある素材は着せられている感が出やすいので、本来あまりおすすめしていませんが、二人共、ブルベ夏なので、得意なダークグレーだから着こなせます。

また、バンドカラーですので、ウェーブとしては首元が寂しく感じないですよね。


このシャツはカジュアル寄りのデザインなので、本来子供タイプの方には似合うもの。

間島アドバイザーは、この日、帽子を被っていたので、小物で子供世代っぽくしています。


一方、小林は大人顔なので、ボトムスはお互い軽めの素材ですが、ブーツでキレイ目カジュアルに寄せているので着こなせます。


同じサイズでも間島アドバイザーは若干オーバーサイズぎみ。

小林はジャストサイズで着ています。


ここも世代感でサイズ感が変わってきます。




本来、骨格ウェーブ軸は、ジャストサイズかコンパクトサイズがおすすめですが、顔タイプがここに加わるとサイズ感が少し変わってきます。


子供タイプは少しゆとりがあっても、例え骨格がウェーブだったとしても、そこまで着せられる感じにはなりません(ですがこの場合、素材やデザイン、色など色々考えた上でのサイズ感を見極める必要はあります)

大人タイプは、オーバーサイズを着ると、時には野暮ったく感じることもあるので、できるだけジャストサイズで着こなす方がおすすめです。

唯、これが骨格ナチュラルになると、またサイズ感は変わってきます。




パーソナルカラー

骨格

顔タイプ


全てが分かった上で、どこまで、どれが着こなせるのか、がここで初めて理解出来ます。




この日は、冬用のボトムスが欲しくて色々試着しましたが、実際履いてみると色々、私の体型ではダメな所が見えてきます。


デザインは好みなんだけど素材が地厚過ぎて腰が張って見えたり、タックの位置で、下半身全体が野暮ったく見えたり……


オンラインで購入しないで良かったわ〜



と改めて感じたひとときでした。




だから試着は大事なんですよ〜






カテゴリー: 横浜本店ブログ