資生堂のメイクイベントに参加してきました


本日のブログ担当は、年齢不詳アドバイザー(笑)パーソナル・スタイリスト、小林 由香里です。



ご訪問ありがとうございます。




少し前に、いつもお世話になっている資生堂のBAさんから連絡があり、緊急事態宣言が解除され、BAさんはまだ直接タッチアップは出来ないけど、資生堂のメイクアップアーティストの方はメイクを施すことが出来るようになったので、小林さん、是非、参加しませんか? と。

折角なので参加してみようとお願いしました〜♪


資生堂美容技術専門学校を卒業された資生堂のメイクアップアーティストに、施して頂く前に、自分のメイクでのお悩みや、このようなメイクにして欲しいイメージなど色々と尋ねられ実際にメイクをして頂きます。




今回私のお悩みとして

①シミをカバーしたい

②顔の幅があまりなく、顔が長く見えることがあるので、チークの入れ方を知りたい

③左右の高さや形が違うため、上手く眉を描く方法

をお願いいたしました。



大体40分ぐらいかけて丁寧に施して頂きました。








見事にシミが消えています!


今までもコンシーラーは使っていますが、色が肌の色に合わせていたものだったので、もう1トーン濃い色を購入。


それとコンシーラーは、指で乗せるより、つつ筆と云うコンシーラー専用筆で叩くように使った方がシミをカバー出来ることが分かりました!


今までも資生堂のメイクブラシは何種類か持っていましたが、今回新たにコンシーラー用のつつ筆と、アイライン用の細い刀筆を購入。

アイラインを引くのが苦手な私でも、簡単にキレイに引くのに刀筆は最高です!


刀筆はプロのメイクアップアーティストの方のご愛用のようで、常に品薄らしいのですが、幸運にも、つつ筆も刀筆も1本ずつ在庫があったので、購入出来ました!




コンシーラーは2色持っていると良いんだと新たな発見!



皆さん、ファンデーションってどのように使っていますか?


私は以前、資生堂のBAさんからファンデーションは顔全体に使わないことを教わっていましたので知っていますが、ファンデーションは部分的に使うものなんですよ〜。




メイク方法が分かると気分も上がりますね〜♪


年齢関係なく、キレイになれるのは嬉しい!!!!!!!


資生堂さん、ありがとうございます♪




カテゴリー: 横浜本店ブログ